女性性で美しい女性になる

こんにちは。あなた「らしさ」を資産にするライフコンサルタント田原あゆみです。

女性が、女性らしく、豊かに美しく生きていくために知っておきたい「女性性」のことをお伝えしています。

私たちは誰もが「女性性」と「男性性」という対極の性質を持ち生まれています。

対極の循環こそが「豊かさ」を無限に産みだす鍵。自然の法則、宇宙の真理です。

だけど、それを忘れていきています。

私たちが、豊かさの源である「女性性」を思い出し生きることがで、無限の豊かさと繋がり、美しく生きていけるとしたら。。。

今回は、私の思う美しい女性についてシェアします。

花から始まった花はない

花から始まった花がないように最初から美しい女性はいません。内側が伴っていくプロセスのなかで、女性性が開花し女性は美しくなっていくと思うのです。

美しい女性とは?

美しい女性の定義は人によって違います。私の思う「美しい女性」は内側から溢れるエネルギーが豊かな女性のこと。

美しさは容姿「だけ」ではありません。外見は大切ですがそれだけだと片手落ち。

 

お金で買える美しさ/お金で買えない美しさ

外見の美しさは、メイクやファッションの雰囲気から作れます。センスがあればなんとかなりますし、お金があれば外見の美しさは買えるできるでしょう。

しかし、エネルギーは買えません。内側から溢れるエネルギーは買えません。

未熟な美しさ

内側が伴っていない「美しさ」は未熟です。未熟なまま、何を着飾ってもそのギャップは見てとれます。特に、女性が30歳を過ぎると、小手先の「ごまかし」が効かなくなるのは、その人の「生き方」が外側にでてくるからです。 

美人だしスタイルも良い。性格もいいのになぜか「美しさ」を感じない女性は案外います。彼女たちは、すでに存在している自分の美しさに気づけていないのです。

女性性の否定

女性が美しさに気付けないのは、自分が自分を認めていないからです。女性性の否定です。

認められていない内側の美しさはエネルギー源になれません。置き去りにされた美しさは行き場を失い、それはやがてエネルギーを枯渇させる引き金になり、女性性を否定するようになっていきます。

内側の世界が外側の世界を作る

美しい女性はなんとも言えない魅力を放っています。自然体で穏やかで、お金も心も豊かです。みずからの美しさを認めていて、その美しさをエネルギーに変換することができると知っているから豊かで美しいのです。それは、女性性を開花しているということ。女性性が開花するほどに自然な美しさを纏うようになります。

 

最後に

花から始まった花はありません。美しく生まれただけで美しさは手に入りません。裏を返せば誰もが今から美しい女性として生きることができるということです。

せっかく女性に生まれたなら、美しい女性として生きていきませんか?女性性を否定せずに美しく生きる女性が増えますように。